【ゲーム紹介】海底探検

はじめに

プレイ動画を公開しました!

ルールがわからない方でも楽しめる内容になっているので是非ご視聴ください!

「海底の財宝、減っていく空気」、今回はそんなロマンと絶望感あふれる戦いが楽しめるゲームを紹介します。

そのゲームは…

海底探検

制作 Oink Games
発売 2014年
プレイ人数 2~6人
プレイ時間 約30分

どんなゲーム?

進路を決めてサイコロを振り、コマを進めます。止まったマスの遺跡チップを獲得するか選択します。遺跡チップは持っている分進めるマスが減るので取りすぎ注意です!

他プレイヤーの動きをみてどこまで潜るのか、いつ帰還するのか見極めましょう。

ゲームの世界観

まずは簡単にゲームの世界観を記載しておきます。世界観を知ればゲームにより熱中できることでしょう。

海底に眠る財宝を探索するのは潜水艦に乗り合わせた欲張りな探険家たち。
潜水服に身を包み勇んで宝探しに向かいますが、なんとこのオンボロ潜水艦では、
すべての探険家がひとつの空気タンクにつながっているのです。
無謀な者が一人でもいると全員の命が危険にさらされることに。
はたして探険家たちは無事に宝を持ち帰ることができるのでしょうか...?

[出典元: 海底探検 Oink Games]

ゲームの目的と勝利条件

このゲームは全部で3ラウンド行います。3ラウンドの合計で最も多くの得点を獲得したプレイヤーの勝利です。得点を獲得するためには遺跡チップを潜水艦まで持って帰らなければなりません。潜水艦に帰れるのは1ラウンドに1回のみです。

ラウンドは「全員が潜水艦に戻る」「潜水艦の酸素が尽きる」のどちらかで終了します。

ゲームの準備

準備はとっても簡単です。

・潜水艦ボードを全員が見える位置に置きます

・空気マーカーを潜水艦ボードの「25」の位置に置きます。これは潜水艦に残っている空気量を示します。

・遺跡チップをレベルごとに分けて混ぜます。

・混ぜた遺跡チップを潜水艦ボードから順にレベル1~4まで並べていきます。

・潜水艦ボードの横にブランクチップを用意します

・プレイヤーごとの探検家コマを選んで潜水艦ボード上に配置します。

・スタートプレイヤーを決めてゲームを開始します。

このゲームではサイコロを使用するのでダイストレイを用意するとゲームをスムーズに進めることができます。

ゲームの進め方

以下の順番で手番を進めていきます。

空気を減らす

忘れやすいので注意です!手番プレイヤーが今回のラウンドで獲得した遺跡チップを持っている場合、持っている数だけ潜水艦ボード上の空気マーカーを減らします。この時空気が0になった場合は手番プレイヤーのみが移動を行ってラウンド終了になります。

(以前のラウンドで獲得したマーカーは計算しません。

・潜水するか浮上するか宣言する

潜水(深海へ進む)「浮上(潜水艦に戻る)宣言します。進む方向を変えられるのは1ラウンドにつき1回だけです。なにも宣言せずにサイコロを振った場合は自動的に潜水になるので注意してください。探検家コマは前後があるので潜水、浮上で向きを変えておくと分かりやすいです。

・サイコロを振り探検家コマを進める

このゲームで使うサイコロは特殊なサイコロになっています。それぞれ1~3までの目のサイコロです。このサイコロを2つ同時に振り、出た目の合計を確認します。もし今回のラウンドで獲得した遺跡チップがある場合はそのチップ数だけ出た目の合計から引きます。その後、宣言した方向に自分の探検家コマを遺跡チップ上に進めます。

途中に他プレイヤーの探検家コマがある場合はそのチップは数に数えず飛び越して進みます。一番奥までたどり着いた場合は目が余っても最奥でストップします。

例) 青のプレイヤーが合計2を出した場合。

途中でプレイヤーがいない場合は2マス前に進みます

途中にプレイヤーがいる場合はスキップする

・探索

止まったマスで、次の3つのアクションの内から1つ選んで実行します。

1. なにもしない

2.遺跡チップを獲得する

獲得する場合は、止まったマスの遺跡チップを裏返したまま手元に移動します。その後遺跡チップがあった場所にブランクチップを置き、その上に自分の探検家コマを戻します。拾った遺跡チップは、ラウンド終了時に潜水艦に戻れた場合のみ確認できます。遺跡チップは何枚でも持てますが、6枚以上持つと一歩も進めなくなります。

3.遺跡チップを置く

そのラウンドに獲得した遺跡チップを持っていて、止まったマスがブランクチップだった場合、持っている遺跡チップを1枚置くことができます。今止まっている場所のブランクチップと手元の遺跡チップ1枚を選択し交換し、ブランクチップをストックに戻します。

手番の進め方は以上です。これをスタートプレイヤーから順に時計回りで行いラウンドが終了するまで続けます。

ラウンドの終了

全員が潜水艦に戻る潜水艦の酸素が尽きるとラウンドが終了します。潜水艦まで帰れたプレイヤーと帰れなかったプレイヤーはそれぞれ下記を行います。

潜水艦まで帰れたプレイヤー

持ち帰った遺跡チップを表にして確認します。表になった遺跡チップは「財宝」となり得点になります。財宝はゲーム終了時まで手元に持ちます。

潜水艦まで帰れなかったプレイヤー

そのラウンドで獲得した遺跡チップを海底に落としてしまいます…。潜水艦から離れているプレイヤーから順に、持っている遺跡チップを並んでいる遺跡チップの最奥の次の場所に重ねて置きます。チップが3枚重なったら次の場所に置きます。重ねる順番は自由に決めることができます。

例)今回のラウンドでは黄、青と緑のプレイヤーが潜水艦に帰れませんでした。

潜水艦から最も遠いプレイヤーから順に獲得した遺跡チップを最奥のチップの次に配置していきます。今回は黄プレイヤー > 青プレイヤー > 緑プレイヤー の順で置いていきます。

黄色プレイヤーは今ラウンドで獲得した遺跡チップ2枚(レベル2が1枚、レベル3が1枚)を置きます。

次に青プレイヤーも今回のラウンドで遺跡チップ2枚(レベル1が1枚、レベル2が1枚)を獲得していたので最奥に置きます。この時置くタイルは3枚まで重ねます。置く順番は好きに選べるのでレベル1のチップ、レベル2のチップの順で置きました。

最後に緑プレイヤーが獲得していたレベル2の遺跡チップを配置して終わりです。

こうやってラウンド終了時に重ねられた3枚の遺跡チップは、次のラウンドから1枚分の遺跡チップとして扱います。獲得する時は3枚同時に、空気の減りやコマを進めるときのマイナスも1枚分として扱います。潜水艦まで帰れ場合は3枚の合計数が財宝として手に入ります。

全てのプレイヤーがそれぞれの行動を終えたら、場に並んでいるブランクチップを取り除き、その隙間を次の遺跡チップで埋めていきます。潜水艦から並んでいる遺跡チップ上に隙間がないようにします。

ラウンドが進むにつれて最奥が近づいてくるので、より高得点の財宝を狙えます。最後まで諦めずに勝利を目指しましょう。

最後に一番潜水艦から遠かったプレイヤーが次のラウンドのスタートプレイヤーとなり、次のラウンドを始めます。全員帰れた場合は最後に潜水艦についた人がスタートプレイヤーとなります。

ゲームの終了

3ラウンド目が終了したらゲーム終了です。

プレイヤーは全ラウンドで獲得した財宝を合計し、多い順から上位となります。もし得点が同じ場合は、持っている遺跡チップの枚数が多いほうが勝利です。さらに枚数も同じ場合は引き分けになります。

さいごに

このゲームは一言で表すなら「チキンレース」です。

プレイヤーが財宝を手にすれば酸素が減っていくスピードは速くなります。早めに浮上すれば帰還できる可能性は上がりますが、他プレイヤ―より獲得できる財宝は少なくなります。逆に浮上が遅ければ帰還は困難でしょう。

財宝を狙い潜水するか、確実に財宝を手に入れるため浮上するかギリギリのポイントを見極めるのがゲームのミソです!

プレイ時間も短めで、人数も2~6人と幅広く対応していまので興味を持った方は是非プレイして下さい!

海底探検 知育玩具 盛り上げ ボードゲーム お誕生日プレゼント キッズ パーティ 子供 ギフト お祝い カードゲーム 贈り物

価格:2,376円
(2019/3/5 22:07時点)

シェアする

フォローする